Close

食育コラムvol.3/お砂糖、取りすぎていませんか?

\この記事をシェア/

日本の食卓には欠かせない甘くておいしい「お砂糖」。煮物や照り焼きなどには欠かせません。卵焼きなども「甘いほうが好き」という方も多いのではないでしょうか。しかし、お砂糖の取りすぎは体によくありません。今回は「お口の中で起こる問題」についてお話しします。

お砂糖は虫歯菌の大好物!
小さいうちから食習慣の改善を!

まず、お砂糖は虫歯菌のえさになります。虫歯は放っておくと、どんどん進行して歯が無くなります。大人の歯はなくなると二度と生えてきません。歯が無くなった時の治療として「入れ歯」や「差し歯」ありますが、これらは自分の歯に比べて噛む力が5割~6割ほどしかありません。特に入れ歯は食べ物の温度や感触を感じにくくなってしまうので、ご飯をおいしく食べられなくなってしまいます。

 そこで、重要になってくるのが、小さいうちからの食習慣。小さいうちからお砂糖を少なめの生活を心がけることで、虫歯などになる確率がグッと減ります。また、お砂糖は依存性が高い食べ物なので、大人になってからの依存のリスクも減ります。

隠れ糖分に要注意!

お砂糖はジュースなどにも含まれています。透明なお水でも甘いものはお砂糖がたくさん含まれています。ジュースの中には角砂糖10個分以上のお砂糖が入っている飲み物もあります。日本人の食事摂取基準では明確な基準値を設けてはいませんが、角砂糖10個分は取りすぎです。ほどほどが大事。お砂糖と上手に付き合って、健康なお口でいましょう!


船橋こども歯科
管理栄養士・
杉浦むつみ さん(左)
歯科衛生士・
安藤杏奈さん(右)
住/船橋市本町1-13-19
☎047-431-0777

この記事を書いた人

Avatar photo

Mamachi編集部

Mamachi編集部ではママが知りたい地域の子育て情報(地元のお店・食育・お祭り・活動サークルのイベント・コンサート・発表会・展示会…など)を発信することで、ママと子どもたちが街で暮らし、街で新しいお友達を見つけるお手伝いをします。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加