Close

新京成線習志野台駅改札前に農家が始めたスイーツ店「From Farm習志野駅前店」、子どもも大好きなフルーツサンドなど24時間購入可能な自販機を設置

\この記事をシェア/

新京成線習志野駅改札前に、農家が始めたスイーツ店「From Farm習志野駅前店」が11月1日にオープンしました。

同店は、市内果樹園「芳蔵園」(二和東2-7-7)の園主の妻・加納智恵さんが責任者を務めます。

同園は、2021年2月に「農家からの廃棄をなくしたい」「農家が作る加工品の販売場所になりたい」との思いで、キッチンカーでフルーツサンドなどを販売する「From Farm(フロムファーム)」を開業し、その後、6月からは園内で農園カフェをスタート。
同カフェでは、梨の木の下でフルーツサンドやかき氷を楽しめるそう♪(季節によりメニューなどが異なります。最新情報はインスタグラム

今回オープンした同店は、改札を出たらすぐの場所。

緑色を基調としたタイルが貼ってあり、フルーツのイラストが描かれた可愛らしい外観です。
基本的には無人販売で、自動販売機で24時間フルーツサンドや焼き芋、チーズやジュースなどが購入できます。

右が加納さん、左がスタッフの水島さん

「常設店舗をオープンしたかった。三咲の園内にも24時間購入可能な自販機を設置していますが、三咲以外の人にも買いやすくなればと思っています」とオープンのきっかけを話す加納さん。

自販機ではフルーツサンドをはじめ、船橋の農家が作るジュースやチーズを販売しています。

加納さんは「地元のものをより手軽に購入しやすくなればうれしい。地元に根差した店にしたい」と話します。
「季節のおすすめは『焼き芋サンド』(500円)。千葉県産のサツマイモをこだわりの焼き方でじっくり焼き、ねっとりとした状態に仕上げてクリームに挟んでいます」とも。

オープンから、多い時は1日100人以上の来店者が訪れ、昼間はシニア層から子連れ家族、夕方は学生、夜は仕事帰りのサラリーマンなど幅広い客層が来店しているそう!

来店者からは「自販機でフルーツサンドなんてよく考えたね」「習志野駅前が明るくなってうれしい。長く続けてほしい」との声が聞かれました。

今後は学生が買いやすい価格でクレープなども提供予定とのこと。
「対面販売は不定期ですが、イルミネーションの設置も予定しているので、ぜひ季節感を感じて楽しんでもらえたら」と意気込みを話す加納さん。

手軽に買える自販機は忙しいママたちの味方になりそう!
ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

【From Farm習志野駅前店】
住所/船橋市習志野台4-1-8
Instagram/https://instagram.com/fromfarm_chiepon
最新情報はInstagramへ。

この記事を書いた人

Avatar photo

髙木早織

船橋育ち、船橋が大好きな14才と4才の男の子の母です。 行く先みんなが顔見知りが目標なのでライターの仕事を通じて皆さんのお話しが聞けるのがとっても楽しいです。 じっとしていられない性分なので、暇さえあれば会いたい人に会いに行きます!仕事はライターの他に、自主保育運営、障害児支援を行います。仕事も子育ても全力で楽しみ中です! 東京出身・船橋育ち・船橋在住

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加