Close

育児のことで悩んだらココ!子育て世代の支援相談窓口「ふなここ」開設

\この記事をシェア/

子育て世代の包括支援センター

子育て世代のママ・パパに朗報です!1月22日、船橋市子育て世代包括支援センター「ふなここ」が開設されました!

場所は、船橋市保健福祉センター(船橋市北本町1-16-55)2階の地域保健課の中にあります。「ふなここ」と看板が出ているので、すぐ分かりますよ。

迎えてくれたのは、地域保健課の主査・高山恵子さんと保健師・助産師・臨床心理士のスタッフの皆さん。

 高山さんによると「今まで、乳幼児から就学前までの母子支援は保健センターや子育て支援センターで行い、小学校以降に関しては学校側で支援の対応を行っていました。『支援』という意味では担当部署の切れ目ができてしまっていたんです。それを、子どもが生まれてから18歳になるまで、総括して支援対応ができる窓口となったのが、同センターです」と話してくれました。

地域保健課の主査・高山恵子さん(中央)

「ふなここ」の役割

・初めての妊娠・出産でうれしいが、不安もある ・夜泣きが辛く、誰にも助けてもらえない ・育児が疲れる、気持ちが沈みがち など、ママ・パパなら誰しもこんな不安や悩みを抱えたことはありませんか?

「ふなここ」では、妊娠期から子育て期のさまざまな不安や悩みなどについて相談に応じ、必要な情報提供を行ってくれます。支援が必要な人には一人一人の状況に応じた支援プランを作成し、医療機関や子育て機関、学校などの関係機関と連携しながら、切れ目のない支援を目指しているんですね!

予約不要で、窓口に行けばすぐに相談にのってくれる面談相談は、カウンターと個室のを用意。

カウンターにもおもちゃがあり、子どもがグズッっても安心♪
スタッフさんも、にこやかに対応してくれます^^

「カウンターでは少し話ずらい」という場合には、個室を利用します。

入ってみるとビックリ!

部屋自体も明るく可愛らしい装飾がしてあって、キッズスペースも完備。
マットも敷いてあるので、乳児を連れて行っても全然大丈夫です!

この雰囲気なら、気軽にお話しできそうですね♪

電話相談の場合は、TEL047-411-8250まで。
窓口まで行く時間がない場合には、まずは一人で悩みをため込まずに
電話をかけてみてくださいね!

ご案内チラシはコチラ↓

ちなみに、「ふなここ」の名前は市民から一般公募し、市内在住の内海さんのネーミングを採用。「船橋で子育てをする人はここへくればいいよ」という意味だそうですよ^^

対象は、船橋市内在住で妊娠中の人、18歳までの子どもとその保護者。いじめ問題など、子どもからの相談も受け付けています。

 相談受付時間は電話・面談ともに10時~16時まで(祝・年末年始を除く)

子育て中は悩みがあっても忙しくて考える暇もなく、気分が落ちていると解決策を探す気力も湧かなかったり、不のスパイラルに陥ってしまう時もありますよね。

 お話を聞いて何よりも感動したのは、「ふなここ」ではどんな相談でも必ずいったん話を聞いてくれて、一緒に解決策を探すパートナーになってくれるということ。

「ふなここ」内で解決できない相談事でも、「その件はこの部署じゃありません」と言われることなく、必要があれば専門機関へ繋ぐところまで行ってくれます。

ママ・パパのみなさん、橋で子育てをする人はここへくればいい」ですよ!!^^

この記事を書いた人

Avatar photo

Mamachi編集部

Mamachi編集部ではママが知りたい地域の子育て情報(地元のお店・食育・お祭り・活動サークルのイベント・コンサート・発表会・展示会…など)を発信することで、ママと子どもたちが街で暮らし、街で新しいお友達を見つけるお手伝いをします。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加