· 

馬込沢で「駄菓子屋マルシェ」スタート!ママ達が運営するハンドメイド作品と駄菓子販売の場

駄菓子屋×ハンドメイド作家

 

馬込沢のリフォーム会社「誠建クリエート船橋本店」(船橋市馬込西2-18-14、TEL 047-460-9661)敷地内の「ログの駄菓子屋さん」が、9月1日から日替わりハンドメイドマルシェの場として提供し、新しいスタートを切るそうです!

 

こちらが、同社の建物。マルシェの場となる駄菓子屋さんは敷地内に併設されています。

 

 

木の雰囲気が可愛らしいログハウスの駄菓子屋さんでは、毎日地域の子どもたちが駄菓子を買いに来る、集いの場になっているんですよ^^

 

 

店内には、子ども時代を思い出させる駄菓子がズラリ♪ 懐かしい~♪

 

駄菓子屋の運営をママ達の手で

 

「ログの駄菓子屋さん」の運営は、地域の人と人をつなぐ架け橋となる活動を行う「NPO法人いいちばみらい」が行っています。新型コロナウイルスの影響でイベント出店活動ができなくなったハンドメイド作家の活動を応援したいと、今回ママさんたちと一緒に「駄菓子屋マルシェ」実行委員会を設立。

 

同社施設内では以前から、馬込沢エリアのハンドメイド作家によるイベント「まんまるマルシェ」が開催されており、同イベントで交流のあった同会代表の藤嶋真琴さんが実行委員会事務局を務めることに。

 

8月17日に行われた説明会には、「運営に参加したい!」という7人のママさんが集まりました^^

 

 

「駄菓子屋マルシェ」とは、ハンドメイド作家さんが駄菓子屋の販売員となり、店内で駄菓子の販売を行いながら、自分のハンドメイド作品も一緒に展示販売できる場にしていこう!というもの。

 

まさに駄菓子とハンドメイドのコラボの空間! 駄菓子屋の扉を開けると、素敵なハンドメイド作品が出迎えてくれます♪

 

「もともとご縁のあった場所で、このコロナで大変な中、自分たちの活動の場を与えてもらいつつ、地域交流の一環を担えることはとてもうれしい」と藤嶋さん。

 

駄菓子屋マルシェ事務局の藤嶋さん
駄菓子屋マルシェ事務局の藤嶋さん

 

この日展示販売されていたのは、アクセサリーや布小物、ヘアアクセサリーの数々!

 


 

ディスプレイも各自自由に行うので、自分のお店を持ったり、イベント出店の時のシュミレーションにもなりそうですね!

 

 

子どもたちは駄菓子、ママはハンドメイド作品と、それぞれの楽しみ方ができそうです! オーダーメイドの注文を受け付けている作家さんもいるので、「こんな感じのものがほしいんだけど」と、直接要望を伝えられるのもいいですよね~♪

 

 

「1人でお店を持つことは大変だけど、皆んなでやってみれば楽しいし、いいアイデアもどんどん募集します。最初は試行錯誤を繰り返しながら、みんなで素敵な場所を作り上げていきたい」と藤嶋さん。店頭販売スタッフの参加メンバーは随時募集しているそう。(自分で販売するものはないけれど、『駄菓子屋の店員やってみたかった!』という人でもOK)

 

 営業時間は平日=15時~17時30分、土・日曜、祝日=13時~17時30分。詳細は駄菓子屋マルシェ情報ページで確認を。

 

 

日替わりで店頭に立つ作家さんが変わるので、行くたびに違う作品が見られるのが楽しみになりそう!

 

9月中はプレ始動として運営し、本格的な稼働は10月1日から。10月9日には、イベントとしてハンドメイド作品の販売、音楽、サッカー教室などを楽しめるイベントも開催予定だそうです^^

 

これからますます地域のコミュニティ発信の場になりそうな駄菓子屋さんでした!

 


そのほかのおススメ記事はこちら


www.mamachi.online Blog Feed

津田沼駅近!室内の格安遊び場新スポット「Kid's US.LAND」 (水, 23 9月 2020)
>> 続きを読む

親子でのんびり遊べる意外な遊び場!遊具のある「三咲霊園」 (Fri, 18 Sep 2020)
>> 続きを読む

#12 天井高が大空間を実現する大和ハウス工業「xevoΣ(ジーヴォシグマ) PREMIUM」 (Thu, 10 Sep 2020)
>> 続きを読む

#11 「いい木」を知る、住友林業のFUNABASHI MODEL  (Thu, 03 Sep 2020)
>> 続きを読む

#10 工場で品質を均一化してつくる「セキスイハイム」の鉄骨住宅 (Mon, 31 Aug 2020)
>> 続きを読む

馬込沢で「駄菓子屋マルシェ」スタート!ママ達が運営するハンドメイド作品と駄菓子販売の場 (Wed, 26 Aug 2020)
>> 続きを読む