· 

前原にコンテナハウスのダンススクール「Peace One Dance School」が1周年を迎える

\この記事をシェアする/

新京成線前原駅からほど近くにコンテナハウスを利用したダンススクールがあると聞きおじゃましてきました。

 

本当にコンテナハウスがありました!

外観には大きなピースのデザイン。

 

 

よく見てみるとピースはいろいろな種類の小さなイラストから成っています。

中に入ると、、、

 

 

子どもたちが元気にダンスをしていました!

みなさん3年生の子どもたちだそう。

 

一番後ろで指導するのがスクールを主宰する千葉市出身のhideさん。

「DA PUMP」に憧れて15歳でダンスを始め、都内のスクールに通いながらダンスコンテストなどにも出場。

25歳からダンスのインストラクターを始めたそうです。

 

主宰のhideさん(後列中央)と4、5年生の子どもたち

 

「平成28年から船橋市内にある『中台幼稚園』(前原東)や、南船橋にある『ゴールドジム』(浜町2)をはじめ、レンタルスタジオや公民館などを借りてレッスンを行ってきました。自分のスタジオを持ちたいと考えていたところ、コンテナハウスが空いたのでここに決めたんです。4月2日にオープンして、1年が経ちました」とhideさんは話します。

 

コンテナにはインパクトがあるように、ピースのデザインが描かれ、地域の住民からも注目の的になっているとか。

 

15坪のコンテナハウスの中には大きな鏡を備え、中の壁はhideさんの妻が選んだというターコイズブルーが鮮やかで元気な印象のスタジオ。

 

 

「キッズダンスを中心に行っているので、元気なあいさつと全力ダンスを大事にしています。特に低学年のうちは技術より全力で思いっきり表現して踊ってもらいたい」と笑顔で話すhideさん。

 

レッスン中はhideさんも子どもたちと一緒に全力で踊る姿が素敵でした!

 

 

ジャンルはヒップホップ、ハウスダンス、ブレイクダンスなどとなり、現在生徒は約100人。

月〜金曜日で年中〜大人クラスがあり、月4回のレギュラーコースで月額6,600円。

 

スタジオに通う小学5年生の女子は「できなかった動きや、知らなかった動きができるようになってうれしい!」と話し、「わからなくなった振りを仲間同士で教え合えるのが楽しい」と話す別の子も。

4年生の女子は「とにかくみんなテンションが高くて楽しい!」と笑顔の子どもたち。

 

和気あいあいとしていてチームワークの良さを感じました。

 

hideさんは、「スタジオオープンとコロナの流行が重なり、対応・対策が大変でした。今後は地域とも密着して、さらに勢いのあるスタジオにしていきたい!」と意気込みを話しています。

 

 

【ダンススクール Peace Dance School】

住所/船橋市前原東4-16-2

スタジオについての問い合わせは同スタジオのインスタグラム(@peaceonedance)のダイレクトメッセージで受け付けている。