Close

船橋市内の幼稚園教諭が運営する「移動おもちゃ館」 子どもが安心して遊べる場所、ママ同士が繋がるきっかけを

\この記事をシェア/

船橋市内の幼稚園教諭らで主催する「移動おもちゃ館」が6月7日、北本町森のシティさくら公園で開催されました。「移動おもちゃ館」とは、未就園児を対象とした、市内の公園に出張して遊びの場を提供するもの。

開催時期は、主に春や秋など子どもが公園で過ごしやすい季節。

親も子どもも出かける場所が減っていくなかで、子どもが安心して遊びに行ける場所を、また、ママ同士が繋がるきっかけを作りたい、という思いで活動しているそう。

早速、行ってみましょう!

まずは受付で名前を書き、先生に遊び方を説明してもらいます。

受け付けをすませて公園に入ってみると、みんながたくさんのおもちゃで遊んでいます!

「移動おもちゃ館」では絵本や木のおもちゃなどがあり、自由に手にとって遊ぶことができます。

シートの上に並ぶたくさんのおもちゃ。迷っても大丈夫!

おもちゃコンサルタントの資格を持つ先生が、月齢にあったおもちゃをセレクトしてくれるので安心です。

選んでもらったおもちゃで楽しく遊んでいる2歳のかりんちゃん。「先生が遊び方を提案してくれるので、子どもがとても楽しんでいます!」とママが笑顔で話します。

遊んだおもちゃは返しに行くとすぐに消毒をしてくれるので、ママも安心して遊ばせることができますね。

こっちでは何をして遊んでるのかな?ペットボトルのボーリングで遊ぶのは、もうすぐ3歳になるとうわくん。

いろいろな色の水が入っていて、楽しそう!

先生が「みんなみんな〜!おもしろいことを始めるよ」と子どもたちに声を掛けて、何かをぐるぐると回し始めました。

何が始まるの?と子どもたちは興味津々です。

先生が上に向かって何かを投げました。しっぽが付いたボールのよう。

「これを作りたい人、こっちにおいで!」と先生。

制作コーナーが始まるようです。先生は、とても上手に子どもたちの興味をひきます。

「新聞紙やダンボールなど「家にあるもので作れるおもちゃ」をコンセプトにおもちゃを考えているんですよ」と教えてくれたのは、メンバーの一人である久米路子さん。

家にあるもので作れると、家でも子どもと仲良くおもちゃ作りができて楽しいですね。

さっそく作ってみましょう♩

新聞紙をぎゅぎゅっと丸めます。

カラー紐をつけて、

テープでぐるぐると巻いたらあっという間に完成♪

これなら1、2歳くらいの子どもでも簡単に作ることができそうです。

久米さん(後列中央)は、「この「移動おもちゃ館」では、親も子どもも安心して楽しむことができる場所を心がけています。近くの公園で開催するときは、気軽に参加してくださいね」と話してくださいました。

「移動おもちゃ館」は、予約などは必要なく誰でも参加することができるそう。ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

【移動おもちゃ館】

開催時間/10時〜11時30分
持ち物/レジャーシート、帽子、水筒、虫除け等、マスク着用
開催日時は健伸幼稚園のホームページ(https://kenshin-kindergarten.jp)内から確認が必要。

この記事を書いた人

Avatar photo

松本 萌

神奈川県横浜市出身。船橋市在住。船橋に引越してきてから「もっと船橋を知りたい」という思いで、ライターとして活動中。趣味は、映画鑑賞、フラダンス。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加