Close

コロナ禍の子育て世代を応援! 看護師・助産師による一般社団法人「マザーナース・オリーブ」

\この記事をシェア/

左から、理事・松尾洋子さん、理事・鈴木由紀さん、代表理事・西村智美さん

現役の看護師・助産師が2021年11月、「子育て世代を応援したい」という想いから法人「マザーナース・オリーブ」を設立しました。同法人のキャッチフレーズは「世界で一番幸せな親子になろう」。

メンバーは、看護師でありベビーマッサージ講師を務める代表理事・西村智美さんを筆頭に5人です。看護師でケアマネージャー、介護支援専門員の理事・鈴木由紀さん、助産師で看護師、児童発達支援管理責任者、医療的ケア児コーディネーターの理事・吉川俊恵さん、看護師で助産師、保健師の理事・寺崎祥子さん、看護師で理事・松尾洋子さん。

左が 西村さん。右が看護師で助産師、保健師の寺崎祥子さん
理事・吉川俊恵さん

5人は西村智美さんを通しての知り合いで、それぞれ小児科での医療に従事した経験があります。西村さんが約12年間、一人でベビーマッサージ講座を行っていたことを知る仲間だそう。

「一人でやるよりみんなでやったほうが何倍にもなるのでは!」と、話を持ち掛けてくれたといいます。

西村さんは「コロナ禍でママ友ができず孤立してしまっているママが多いんです。実家が遠方だと里帰りもできず、相談できる身近な人が近くにいない・・・メンバーはそんな状況をなんとかしたい、力になれればという思いで活動しています。5人それぞれ得意な分野があり、それらを発揮して活動できるのが強みです」と話します。

「マザーナース・オリーブ」はメイン活動として月2回、北習志野で「子育てなんでもおしゃべり会」を開催しています。

また、5月22日には、きららホール(船橋市本町)で、医療者による子育てイベント「ママもベビーも笑顔になれる ベビーマッサージ講座」を開催しました。

鈴木さんは「ベビーマッサージ講座などのイベントを通して、私たちの活動『子育てなんでもおしゃべり会』を知ってもらい、参加してもらえたらと思っています」と話します。

「マザーナース・オリーブ」は、その理念や活動を評価され、船橋市市民公益活動支援事業として認可されています。

次回開催イベントは、10月4日です。きららホールで「寝かしつけベビーダンス&なんでも聞けちゃう相談会」を開催します。気軽に参加できそうなイベントで楽しそう!

インスタグラムでは過去のイベントの様子も見られるそうですよ。

一般社団法人マザーナース・オリーブ
インスタグラム/https://www.instagram.com/m_nurse1122/
LINE/http://lin.ee/unaXn7k

この記事を書いた人

Avatar photo

Mamachi管理人

Mamachi編集部ではママが知りたい地域の子育て情報(地元のお店・食育・お祭り・活動サークルのイベント・コンサート・発表会・展示会…など)を発信することで、ママと子どもたちが街で暮らし、街で新しいお友達を見つけるお手伝いをします。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加