Close

母娘で作るおなかもこころも満たす手作り惣菜のお店、夏見台の「のりまきおかず」

\この記事をシェア/

今年の4月3日、夏見台の閑静な住宅街の中にオープンした、手作り惣菜のお店「のりまきおかず」さん。

県道288号にあるワイズマート前の横断歩道を渡り、住宅街を5分ほど歩くとお店が見えてきます。立て看板が目印です。

さっそく店内に入ってみましょう!

「いらっしゃいませ〜」と出迎えてくれたのは、店長の大野蛍さんとお母さんの智美さん。
2人でお店を切り盛りしています。

蛍さんは、創作和食のお店を開いていた智美さんの影響もあり、以前からお店を開きたいという思いがあったそう。コロナ禍になりお惣菜が地域の人に喜んでもらえるのではないかと考え、オープンへと至ったそうです。

店内の壁紙も装飾もかわいい!
「ミントグリーンの壁紙は私も母も好きな色ので即決しました!ハロウィンもかわいくて大好きなんです」と蛍さんは素敵な笑顔で話します。

店内にはたくさんのお惣菜が並びます!

「私はのりまき担当です!」と蛍さん。
その他のお惣菜は智美さんが作っています。

蛍さんは、韓国料理にも興味があり、お惣菜のメニューにも取り入れているそう。

「のりまきは日本人に合うよう試行錯誤しました。ごま油は控えめで、お肉は生姜を効かせた豚そぼろを使い、とても優しい味になっています。お子様も食べやすいですよ」と蛍さん。
お店を開く前は「家でのご飯がのりまきの試作品ばかりだったね」と母娘で笑い合います。

「人気商品のからあげは、片栗粉と米粉をブレンドした衣で揚げているので油っこくなく軽い食感となっています」と智美さんはこだわりを話します。1日に何度も揚げているそう。

「ベースは醤油だけど、たまーに塩の日があります」とも。
いい情報を教えてもらいました!どちらの味に出会えるのか楽しみですね!

注文を受けてから用意するお弁当は、人気商品だというのりまきとからあげが入り、日替わりの副菜が2種。

すべて優しい味で作っているので子どもも安心して食べられそう。働くママにはとても嬉しいです!

お弁当の待ち時間には絵本を読むこともできます。
子どもを連れて買いにいくのも、絵本があるとママも安心です。

「お子様連れ、大歓迎!ウェルカムです」と最後にのりまきポーズをしてくれたおちゃめな2人。
「美味しいお惣菜を作ってお待ちしています!私たちのお店があると心強いなと思ってもらえる存在になりたいです」と話します。

ぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね!

【のりまきおかず】
住所/船橋市夏見台1-8-26 ドエルタカハシ1階
TEL/ 050-8883-8048
営業時間/10時30分〜18時 日曜・祝日は17時まで
定休日/毎週火曜、毎月第3水曜
インスタグラム/https://www.instagram.com/norimaki_okazu/
P/あり(1台)、駐輪場あり

この記事を書いた人

Avatar photo

松本 萌

神奈川県横浜市出身。船橋市在住。船橋に引越してきてから「もっと船橋を知りたい」という思いで、ライターとして活動中。趣味は、映画鑑賞、フラダンス。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加