Close

子どもが楽しく通える工夫が満載!船橋駅そばの歯医者さん

\この記事をシェア/

ここは、京成船橋駅から徒歩3分の駅そばにある医療モール4階にある「船橋こども歯科」。2018年5月にオープンしたばかりの新しい子ども専門の歯医者さんです。

子どもが楽しめる院内の環境づくり

「歯医者=痛い・怖い」というイメージを無くすため、院内は歯医者さんとは思えない、とってもカラフルで楽しい空間♪
とにかくまずは、「歯医者さんが怖い」という子どもの想いをとりのぞきたいと思って、環境づくりをしているそうですよ。

こんな待合室もこんな感じ。床はカーペットなのでこどもが転んでも安心♪

なんと治療室まで、カラフルなキャラクターが。こんな雰囲気なら、子どももリラックスして治療に臨めそうですね!

歯医者さんの食育指導も

こちらの歯医者さんでは、なんと管理栄養士さんがいるんです。

「歯医者なのに、なぜ栄養士さん?」と不思議でしたが、「私たち管理栄養士がいることで、保健指導のほかに歯科的アドバイスをすることができるんです。例えば、離乳食のスプーンは水平に引いた方がいい、ということを多くの方は知りません。赤ちゃんの上唇が折れてくるのを待って水平に引く。決して上唇に押し付けない。こうすると、口周りの筋肉が日々鍛えられていくんですよ」と管理栄養士の杉浦さん。

管理栄養士の杉浦さん

歯って、普段の生活習慣や食べることと密接に関わり合っているので、管理栄養士さんが歯医者さんにいると、その点のアドバイスがもらえるんですね!

子どもの歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方や、最近のこどもの歯の傾向について教えてくれたのは、歯科衛生士の安藤さん。

歯科衛生士の安藤さん

子どもの歯を磨きやすいので、歯ブラシはヘッドが小さい歯ブラシがいいそうです。

「あとは、フロスもおすすめです」と安藤さん。最近は、顎も狭くて歯と歯のスキマが狭い子が多くいそう。子どもの歯でもフロスを使ってしっかりみがくことで、虫歯予防に繋がります。

「歯と歯の間にスペースがないと、大人の歯に生え変わるスペースがなくなってしまいます」とも。言われてみれば、うちの子もそんなに隙間がある方ではないので、ドキッとしますね><

その状態を放置しておくと、小学生の頃には矯正が必要になる場合もあるそうですよ。怖い~!

楽しみながら歯を守る
0歳からの「モーモークラブ」

うちの子どもは大丈夫なのかな…そう思ってしまったママ・パパにおススメ♪

船橋こども歯科では、毎週月曜日と金曜日の10時~と10時30分~の2回、0歳から幼稚園入園前のお子様を対象とした「モーモークラブ」(予約制)をやっています。現在、入会費、年会費無料!唾液検査や舌や唇を閉じる力の検査、フッ素コーティングといった口まわりのフルコースを、船橋市の受給券で1回あたりたった300円で受診できるようになるのでかなりお得♪

音楽や楽器を使って歯みがきをしたり、歯みがきの絵本を読んだり、人形の歯をゴシゴシ磨いてみたり。子どもを楽しませつつ、歯科医や管理栄養士といったプロが子どもの口を見てくれるので、習い事感覚で通えそうですね!

家では磨かないのに、船橋こども歯科では喜んで歯を磨いている、というお子様もたくさんいらっしゃるそうですよ!

こどもの歯について少しでも悩んでいるママやパパは、ぜひ船橋こども歯科さんをチェックしてみてくださいね。

【船橋こども歯科】
住所/船橋市本町1-13-19
TEL/047-431-0777
診療/平日 09:30~12:30 / 14:00~18:30
土曜 09:00~13:00 / 14:00~17:00
休診/木曜、日曜、祝日
HP/https://www.funabashi-kodomo-dc.com/

この記事を書いた人

Avatar photo

Mamachi編集部

Mamachi編集部ではママが知りたい地域の子育て情報(地元のお店・食育・お祭り・活動サークルのイベント・コンサート・発表会・展示会…など)を発信することで、ママと子どもたちが街で暮らし、街で新しいお友達を見つけるお手伝いをします。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加