Close

「西船橋スポーツ接骨院」の柔道整復師が教える、ケガを防ぐ運動教室「足速教室」

\この記事をシェア/

京成西船駅から徒歩4分ほどのところにある葛飾中学校の真向かいに、3月9日「西船橋スポーツ接骨院」がオープン!

同院では、痛みを治療するだけではなく、ケガを予防するためのメニューや、超音波エコーを使用した診察も取り入れているそう。

超音波エコーは、血液の流れや筋肉が目で見てわかる機械。一緒に画面を見ながら、血液の溜まり具合から炎症を起こしている部位を特定し、適切な説明をしてくれるのでとてもわかりやすい!処置後に、炎症が起きにくくなるための運動方法まで丁寧に教えてくれます!

院長の清水恭平さんは、有明医療大学で柔道整復師免許を取得。超音波エコーを使った診察を行っている早川接骨院を知り、同接骨院グループに入社。その後、院長として切り盛りしてきた「早川にしふな接骨院」を事業継承し、「西船橋スポーツ整骨院」として開院されました。

同院の利用者は小中学生と40代の主婦層が中心だそう。「小中学生は、部活や体育の時間にケガをして来院されます。診察すると、適切なストレッチや、筋力で予防できるはずと思うことも多々あり、『子どもロコモティブシンドローム』という機能障害について考え始めました」と清水さんは話します。

「ロコモティブシンドローム」とは、年齢とともに骨や関節などの働きが衰えて、立つ、歩くといった移動する動きがしにくくなった状態のこと。「子どもロコモティブシンドローム」は、運動不足などによって子どもの運動器の動きが低下している状態のことだそう。「子どもロコモ」と呼ばれることも多いとか。

「日常的に体を使って遊ぶことが目に見えて減っていると感じています。こういったことを背景に、『子どもロコモ』の増加を感じて、運動神経を向上させることを目的とした運動教室、『足速教室』をはじめました」と清水さん。

「足速教室」をはじめるため、人工芝のサーキットスペースを作り、ラダートレーニング用の器具や平均台を用意して院内をリニューアル!

「足速教室」で大事にしているのは、ケガの改善と予防だそう。

身体の軸やバランスを作り、動きを改善して、走ることに必要な筋力をつけたり、正しい歩き方の指導なども取り入れています。運動器の専門家が指導してくれる運動教室なら、親としても安心ですよね!

運動神経は14歳までにほぼ完成するといわれており、それまでに、全身を使って、遊びながら身体を思い通りに動かせるようにすることが運動神経をUPさせることにつながるのだそうです!

清水さんは、「運動神経とは、本来遊びの中で培われてきたものですが、教室を通じ、子どもたちがケガをしない身体づくりを目指せるようにしていきたい」と話してくれました。

また、試合に勝つためのメンタルコーチトレーニングも行っているそう!気になる方はぜひ「西船橋スポーツ接骨院」に来院してみてくださいね!

【西船橋スポーツ整骨院】

住所/船橋市西船3-6-17
TEL/047-401-8120
営業日/平日9時~13時、15時30分~20時30分 土曜日8時30分~14時
定休日/水曜午前、日曜、祝日
HP/https://nishifunaspolab.com/76295/

この記事を書いた人

Avatar photo

Mamachi編集部

Mamachi編集部ではママが知りたい地域の子育て情報(地元のお店・食育・お祭り・活動サークルのイベント・コンサート・発表会・展示会…など)を発信することで、ママと子どもたちが街で暮らし、街で新しいお友達を見つけるお手伝いをします。

\この記事をシェア/

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加