Close

#42 限られた面積でも縦の空間を利用したスキップフロアで 理想の空間を実現してくれる「アイ工務店」

\この記事をシェア/

[船橋総合住宅展示場 × Mamachi タイアップ記事]

「収納力×応用力」を得意とするアイ工務店。今回は「マイホーム購入に向けて検討中!」と話す2歳の男の子のママ、小野田真理子さんと一緒に見学しました。

 案内してくださったのは、24年間住宅業界に携わっていて、1年前にアイ工務店に入社したと話す千葉中央支店支店長の楠謙一さんです。

家づくりの中で、収納スペースはたくさんほしいですよね。特に子どもが小さいうちは、思い出グッズや兜、おひな様などの季節の飾り物など、収納しておきたいものがたくさん!

アイ工務店では、限られた面積の中でも、縦の空間を利用したスペースづくりを提案しているそうです。

◆プレイルームや収納としても便利なハーフ収納

まず一番目を惹くのは、リビングにある「ハーフ収納」。

ハーフ収納というのは、広さが半分という意味ではなく、天井高が1.4m以下の通常の半分の高さという意味です。

リビングの半分だけを吹き抜けにするハーフ吹き抜けにすることで、ハーフ収納とその上の1.5階の和室、リビングの上に位置するスキップ収納、さらに上には子ども部屋も配置できます!

「頭が混乱してきましたが、2階が通常の2階より高くなっているんですね。そのおかげで収納スペースがこんなにもたくさん増えるんですね!」と真理子さんも驚いていました。

土地の容積率(敷地面積に対する延床面積の割合)によって建てられる床面積の上限は決まっていますが、天井高が1.4m以下であれば延べ床面積に含まれないので、空間をふやすことができるそうです。

「子どもが小さいうちは遊ぶスペースになりそうですし、大きくなってからは収納として使えますね!」と真理子さん。真理子さんは身長158cmなので、膝立ちであれば問題なく入れます。

◆空間を最大限に活用して収納スペースを確保

こちらは2階の上に位置する「小屋裏収納」。

収納スペースとしてはもちろん、シアタールームにするなど、趣味のコーナーとして利用することもできます!そして子ども部屋には、ロフトコーナーが。

「ベッドをおかなくても、ここをベッドとして利用できますね。秘密基地のような雰囲気で、子どもも喜びそう!」と真理子さん。

このロフト部分の下の空間も、もちろん無駄にせず、寝室につながる収納スペースになっています!

◆動線を意識した配置でより快適に

玄関のすぐ横に手洗いスペースが。「コロナ禍で帰宅後はすぐに手を洗いたいので、これは欲しいスペース」と真理子さん。

ただ、スペースの余裕がないと作れないのでは?と心配になりますが、「奥行きが45cmさえとれれば取り付け可能ですし、洗面所を玄関からすぐのところに配置すれば使いやすいですよ」と楠さん。

いろいろなアイディアを提供してくれるのはうれしい!

玄関収納も欲しいスペース。withコロナの時代、上着を玄関先でさっと脱いでかけておける場所があればとても便利。

こちらに関しても「奥行きが60cmあればコートがかけられるので、そんなに広い面積は必要ないんです」と教えてくれました。数字をさっと教えてくれるのは、とてもイメージしやすいです。実際にメジャーをもって行くとより具体的になりそう!

◆ひとつひとつ選択しながら理想の家づくり

楠さんが大切にしていることは、「いろいろな選択肢を根拠をもってきちんと説明すること」だそうです。

間接照明や物干しの場所なども、一つ一つ必要かどうかヒアリングしてくれます。リビングの間接照明ひとつとっても、夜にリビングで長く過ごすタイプであるかどうかで、優先順位は変わってくるとのこと。そうすることで、納得した理想の家に近づくこと間違いなしですね!

アイ工務店のモデルハウス、いかがでしたか。

「すべてを取り入れるわけではなく、一通り見て頂いた後に必要なものとそうでないものを選択してもらえれば、ご自身にあった家づくりにつながると思います」と楠さんにアドバイスいただきました。

「とにかく楽しい家でした。住宅業界で長いキャリアを持つ楠さんが、アイ工務店に転職して入られたというのを聞いて、安心感もあります。我が家にとって必要か必要でないか、というのをきちんと考えることが大事ということも再認識できました」と真理子さんは感想を話していました。

アイディアいっぱいのアイ工務店のモデルハウス。是非この面白さを体感してみてください。

アイ工務店 ホームページ/https://www.ai-koumuten.co.jp/

「Ees」の間取り図はコチラ

【ご見学は船橋総合住宅展示場へ!】

住所/船橋市夏見1-3  TEL/047-425-0375


\この人にお聞きしました!/

株式会社アイ工務店

千葉中央支店

支店長楠謙一さん

出身/千葉県

趣味/キャンプ、アウトドア、料理。自宅での料理は楠さんが担当


小野田真理子さん

愛知県出身、船橋市在住。2歳の男の子を子育て中のママ。ハンドメイド雑貨を販売する「atelier草枕」主催。シューズクリッパーや歯固めの製作、アクセサリー作家としても活躍。マヤ暦占星術師、tinyteeth認定講師。

この記事を書いた人

十津川 有紀

「船橋のいいところをたくさんの人に知ってほしい!」という思いで、ライターとして市内を中心とした情報発信をしています。最近の趣味は1日10000歩のウォーキング。一男一女一犬の母。 香川県出身、船橋市在住 趣味/食べ歩き・ヨガ・フラメンコ

\この記事をシェア/

そのほかのおすすめ記事はこちら

キーワード検索

特集中

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

情報誌Mamachi

みんなの子育てマンガ

SNS

\各種SNSで最新情報発信中 /

公式LINE

船橋に密着した子育てイベントや
お得情報を発信中!

◀︎「友だち追加」からQRコードを読みこんで追加